2016年6月27日

矯正治療の対象となる不正咬合の種類

八重歯・乱杭歯(叢生)不正咬合の種類
犬歯などが飛び出して他の歯と重なっている状態です。顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪いために、歯がでこぼこに生えたり、重なったりしている状態です。歯を磨きにくく、そのためむし歯や歯肉炎を起こしやすくなり、重度の症状まで発展すると、若くても歯を失う可能性があります。小児期に治療を行いあごの成長を利用して永久歯のスペースを確保すると、抜歯治療の可能性を大きく減らすことができます。

出っ歯(上顎前突)不正咬合の種類
上の前歯が大きく前突している状態です。遺伝や指しゃぶり、口呼吸が原因とも言われています。「単に前歯が出ている」「上あごが大きい」「下あごが小さい」という3タイプの症状があり、それぞれ治療法が異なります。7才ぐらいに予測できますので、小児矯正を行うことで、将来的に永久歯を抜かずに矯正治療を行えたり、上下のあごのバランスを整えることも期待できます。無理なく口が閉じられる状態にするために、歯を抜いて矯正した方がよい場合もあります。

受け口(下顎前突・反対咬合)不正咬合の種類
下あごが出ている状態です。成長期の受け口は顔の成長にも大きく影響し、上下のあごの成長のバランスが崩れ、三日月のような顔立ちになる可能性が高まります。永久歯の生え替わりやあごの成長のバランスを診ながら、矯正開始時期を見極める必要があります。軽度の場合、前歯の生え替わりの時期に自然に治る場合もあります。骨格的に下あごが非常に大きい場合は外科手術を併用することがあります。

咬み合わせが深すぎる(過蓋咬合)不正咬合の種類
咬み合わせが著しく深い状態で、上下の歯を咬み合わせたときに、上の前歯が下の歯を覆ってしまい、ほとんど見えないようなケースです。笑ったときに上顎の歯肉が見えてしまったり、下の前歯が上顎の内側の歯肉を傷つけて炎症を起こすこともあります。放置すると顎関節症になる場合もあります。

しっかり噛んでも隙間ができる(開咬)不正咬合の種類
奥歯は噛んでいるのに、上下の前歯が開いたまま噛み合わすことができない状態です。指しゃぶりや口呼吸、舌で歯を押す癖などが原因と言われています。息が漏れるので発音が悪く、また物を食べる時に前歯でうまく噛みきれないなどの影響が出ます。矯正治療と並行して食べ方や飲み込み方のトレーニングも行い、治療後の後戻りを防ぎます。

すきっ歯(空隙歯列・正中離開)不正咬合の種類
歯と歯の間に隙間がある状態。審美性が悪く、食べ物が挟まりやすくなります。あごに対して歯が小さすぎたり、歯が欠損していたりすることが原因です。舌で前歯を押す癖で生じるケースもあります。人工歯で隙間を埋める治療もありますが、軽度であれば部分矯正で改善することができます。

知っておきたい 理想的なよい歯並び

よい歯並びとは、永久歯28本(親知らずを入れると32本)がきれいなアーチ状に並び、でこぼこがなく、上下の歯がしっかり咬み合っている状態です。
・上下の前歯の中心がそろっている
・上の前歯が下の前歯の3分の1程度を覆っている
・顔の中心と歯の中心がそろっている
・上の奥歯と下の奥歯がしっかり咬み合っている(上の奥歯が外側)
・鼻の先と下あごの先を結んだEライン(エステティックライン)に対して、上唇は線のやや内側に、下唇はほぼライン上にある

矯正治療中のむし歯が心配な方へ

総合歯科グループのバックアップにより、効果的な予防とメインテナンスを行います。

矯正治療中のむし歯予防(予防歯科)

限られた時間の中で確実に歯列矯正を進めるためには、治療中のむし歯予防はとても大切です。むし歯治療のために矯正治療を一時中断することになると、せっかく動いた歯がまた元の状態に戻ってしまうこともあります。

そこで当院では、総合歯科グループ「医療法人社団けんこう会」のバックアップによる最適な予防プログラムをご提案しています。カリエスリスク検査を行い、患者さま一人ひとりのお口の状態や生活習慣、矯正治療法や装置を考慮した上で、通常のクリーニングやフッ素塗布、専門的なクリーニング(PMTC)などを組み合わせて行います。

さらに、ご家庭で無理なく続けられる効果的な歯磨き指導を行います。お子さまの場合も、自主的にお手入れに取り組めるようにアドバイスし、矯正治療がスムーズに続けられるようにリードしますのでご安心ください。

プロのクリーニング【PMTC】でスムーズな矯正治療

PMTC毎日の歯磨きでは取りきれないプラーク(歯垢)を、専用の機械を使って落とす専門的な歯のクリーニングがPMTCです。当院ではプラークが付きやすい患者さまには、PMTCを含むクリーニング方法をご提案しています。通院の際に毎回装置を外して歯のクリーニングを行うことで、むし歯・歯周病を防ぎ、矯正治療をスムーズに進めることができます。

歯肉炎(歯周病)の予防にも力を入れています

歯肉炎(歯周病)の予防矯正装置を装着中に歯磨きを怠ってしまった場合、口の中の細菌により歯肉が腫れることがあります。歯肉炎は若い世代にも起きやすく、将来的に歯周病になる可能性があります。

当院では、「医療法人社団けんこう会」グループでの予防歯科の経験とスキルを活かし、患者さまがご家庭でも無理なく続けられる効果的な歯磨きや生活習慣の改善をご提案しています。

治療後のメインテナンスで、将来にわたって歯と歯並びを守ります

院治療後のメインテナンス矯正治療は、装置を外したところで終わりではありません。矯正した歯並びは保ちにくく後戻りしたり、歯ぎしりや食いしばりなどの悪習癖によって再び不正咬合となることもあります。

治した歯並びを守り、むし歯や歯周病から歯を守るためにも、治療後も定期的なメインテナンスをお勧めします。

タイミングを逃さない一人ひとりに合わせた最適な治療を

年齢に合わせた矯正治療

矯正治療は、年齢や歯やあごの成長や状態によって、人それぞれ異なります。当院では、豊富な矯正治療の実績と専門的な精密診断により、小さなお子さまから大人の方まで、一人ひとりに合わせた最適な治療をご提供することができます。

【幼児】乳歯から成長に合わせた治療を行うこともあります

年齢に合わせた矯正治療基本的には、あごの形や乳歯の生え方を経過観察する時期ですが、問題が早期発見できればマウスピース(T4Kやムーシールドなど)を使う簡単な矯正治療で歯並びを整えることができます。

この時期から矯正治療をスタートしておくと、成長してからより容易に歯並びを整えられる可能性が高くなります。さらに乳歯の歯並びから近い将来生えてくる永久歯の歯並びも予想できるため、あごを広げるなど、この時期ならではの矯正治療が行えます。この時期以降に歯並びが自然に治ることはほとんどありません。

【小学生】歯並びをチェックして、Ⅰ期治療を始めます

年齢に合わせた矯正治療永久歯が生えてくると、受け口や出っ歯などの不正咬合がわかり、またこれから生えてくる永久歯の大きさも予測できるので、将来的に歯並びの問題がどの程度起こるかが明確に分かってきます。

この時期に、あごを大きくする治療や奥歯を後ろに動かすⅠ期の矯正治療を行うと、永久歯の歯並びが改善され、それだけⅡ期治療の負担が減ります。軽度の不正咬合の場合には、Ⅱ期治療が不要になる場合もあります。歯の生え替わりの時期などは個人差が大きいため、治療開始時期は症状によっても異なります。

【中学・高校生】永久歯の歯並びを整えるⅡ期治療を始めます

年齢に合わせた矯正治療全ての歯がほぼ永久歯に生え替わったら、生えそろった永久歯をきれいに整えるⅡ期の矯正治療を行います。通常、約2年間治療を行い、その後きれいな状態をキープするために保定を行います。

高校生にもなると、あごの成長はほぼ終わっていますが、この頃から親知らずが生える場合があります。きれいに治した歯並びが親知らずにより崩れることもあるので、親知らずがどのように生えてくるかのチェックが必要です。

【成人女性】きれいな歯並びや健やかな笑顔は何より魅力的です

年齢に合わせた矯正治療恋愛や結婚、仕事、遊びなどさまざまな場面で笑顔や歯並び、歯の色、人前での話し方など、口元の美しさが注目されます。いざという時に悩んだり困ったりすることのないように、早めに矯正治療を受けて、備えておきたいものです。

矯正治療中に妊娠しても問題ありません
長い期間にわたる治療ですので、女性の場合妊娠や出産などを迎えることもあります。妊婦さんの場合、レントゲン写真を撮ることは避けますが、矯正治療そのものには問題はありませんのでご安心ください。

【成人男性】大人の男性にも矯正治療を受ける方が増えています

年齢に合わせた矯正治療国際化の中で活躍するビジネスマンの間では、商談やプレゼンテーションに自信を持って臨む目的で歯並びを整えることは常識となっています。

また歯並びを整えておくとお手入れがしやすくなり、特定の歯への負担がかかることも無いため、むし歯や歯周病、口臭予防にも役立ちます。将来的にインプラントや入れ歯になるリスクが低くなることも期待できますから、ご自分への投資として考えられる方も増えているようです。

【熟年】エイジング対策にもなる40代からの矯正治療

年齢に合わせた矯正治療矯正治療は歯や歯ぐきの状態が健康であれば、年齢に関係なく行うことができます。最近では子どもの頃や若い時に、矯正治療を受けるタイミングを逃した方が、矯正治療を受けられる場合も増えています。

口元は最も年齢を感じさせる部位でもあるため、エイジング対策として考えられる方も少なくありません。むし歯や歯周病などがある場合も、治療後に矯正することができますのでご相談ください。

矯正は痛いと思っている方へ

痛みを軽減するための工夫で矯正のイメージを一新します。

痛みの少ない矯正治療

矯正治療は専用器具を使って歯を動かしていくため、さまざまな痛みや不快感を伴う場合があります。矯正の痛みには、「粘膜に装置などがあたる痛み」と「歯が動く痛み」があります。特に歯を支えている組織、歯根膜に圧力をかけて歯を動かす時には、どうしても歯が締めつけられるような痛みが発生します。

当院では、「粘膜に装置があたる痛み」を少しでも軽減するよう速やかに対処するとともに、歯が動く痛みに対してもきめ細かな対応をしています。

最初はソフトな装置を使い、無理なく矯正を進めます

痛みの少ない矯正治療当院では、適度で穏やかな力を与えて歯をゆっくり動かし、矯正治療の痛みを軽減するよう努めています。また比較的柔らかいワイヤーを使い、その方の痛みに対する感受性に合わせて調節を行います。「かかりつけ矯正歯科」として、急な痛みやトラブルにも速やかに対応するよう心がけております。

最近では 治療技術や矯正装置の進歩により、装着した際の痛みや違和感をより軽減する矯正治療が可能になっています。「矯正は痛いもの」というイメージにとらわれず、当院の矯正治療を受けていただきたいと考えています。

痛みを軽くするソフトなワイヤー
普通の針金に比べて「弱い力で大きくしなる」特徴があり、歯に強い締め付けを起こさず、患者さまにも好評です。

さまざまなご要望にお応えいたします

スピーディなインプラント矯正、見えない裏側矯正など多様な矯正治療をご用意しています。

ご要望に応える多様な矯正治療

矯正治療というとギラギラ光る矯正装置のイメージがありますが、最近では目立たない矯正装置が主流となってきました。また、取り外しができる装置や、使用感や費用などの面でも、さまざまな矯正治療法が開発されています

当院においても、目立たない装置による矯正見えない裏側矯正、周囲の人に気づかれず快適なマウスピース矯正、ニーズに合わせた部分矯正、複雑な症例でも効率的に治療できるインプラント矯正など、さまざまな矯正治療を行っています。患者さまの年齢や症例、ご要望や生活環境などに応じて最適な治療方法をご提案し、選択していただくことができます。

あなたに歯並びはどのタイプ?

当院で行える矯正治療
小児矯正
成人矯正
目立たない矯正
見えない裏側矯正
部分矯正
マウスピース矯正
インプラント矯正
顎変形症治療
 

総合歯科ならではのメリット

要望に応える多様な矯正治療一般的に矯正歯科医院では、むし歯の治療など一般歯科の診療は行わず、矯正治療のみの診療を行います。当院は、医療法人けんこう会グループの「矯正歯科・歯科」医院として、専門的な矯正歯科治療と一般歯科治療の双方を行うのが特徴です。

矯正治療で抜歯が必要な場合や治療中にむし歯ができた場合も、他の歯科医院に通院する必要がなく、効率的に治療が進められます。一般歯科治療についても、豊富な実績を持つ歯科医師が高いレベルの治療を行い、トータルな歯科診療をご提供することができます。

審美性も大切に、顔立ちの美しさも考えた治療を行います

要望に応える多様な矯正治療美しい口元とは、歯並びがきれいなだけでなく口元全体が上品に整っていることが必要です。欧米では、横顔の鼻、唇、あごの高さを結んだEライン(エステティックライン)に唇の高さが収まることが美人の条件とされ、矯正治療にも活用されています。

当院は、Eラインや口を開けた時の歯ぐきの見え方や歯の見え方にも留意し、自然な美しさに指針を置いて、バランス良く整った顔立ちを目指した治療を行います。「医療法人社団けんこう会」で培った審美歯科的な視点やノウハウも活かしながら、美しさと健康を追求する矯正治療をご提供します。

大学病院での難症例の豊富な治療経験

矯正治療の専門家ならではの信頼と実績があります。

矯正認定医

院長は、日本矯正歯科学会認定医です。認定医とは、矯正歯科医師にとって最も権威のある学会、日本矯正歯科学会が矯正歯科医師の技術力に応じて認めた資格です。歯科医師に求められるのは診療技術だけが全てではありませんが、「認定医」にはある一定の技術力があるとお考えいただいてよいと思います。

●認定医として認定されるには?
日本矯正歯科学会が矯正歯科専門医師を客観的に評価した一定水準以上の学術知識と技術レベルなど、厳しい条件をクリアしなければ認定医として認められません。現在、日本国内の認定医は2,500名。国内の矯正歯科医の約1割です。

仕上がりの美しい矯正治療をご提供します

認定医矯正治療は歯科医療の中でも特殊な分野で、専門的な知識と治療技術が求められます。近年歯科医療技術の開発に伴い、一般歯科医師が矯正治療を手がけることも増えてきましたが、最終的にきれいな歯並びが得られなかったり、あごなどの発育促進がうまくいかないケースなども多く見受けられます。

矯正歯科専門医師による治療は、理想の歯並びというゴールに確実にたどりつけることはもちろん、治療のプロセスが効率的であること、そして特に仕上がりが美しく、咬み合わせなどの機能性も重視されていることが特徴です。当院では、日本矯正歯科学会認定医による確かな治療を安心して受けていただくことができます。

院長は矯正セミナーの講師経験もある専門家です

日本矯正歯科学会認定医院長は、広島大学勤務中の2011年から退局するまでの5年間、広島矯正歯科談話会セミナーの幹事・講師を勤めていました。広島矯正歯科談話会は、歯科医師を対象に矯正臨床に関する基本的な講演・実習を行うもので、院長自身も一般歯科医師との交流から多くを学びました。こうした経験も活かしながら、日本矯正歯科学会認定医の名前に恥じない最良の治療をご提供したいと願っています。

安心し、満足していただくために

当院では、カウンセリングと精密検査を重視しています。

ていねいな説明と精密な検査

矯正歯科治療は一般的な歯科治療にも増して、患者さまに理解し納得して治療を受けていただくことが重要な治療です。それは、矯正治療が長い時間と費用がかかる治療であり、患者さま本人の努力が必要であり、しかもゴールにたどりつけば、患者さまの人生や未来を劇的に変えることもできる大きな意味を持つ治療だからです。

そのため当院では、患者さまに配慮したていねいな説明を心がけ、患者さまとより良い信頼関係を育み、不安が安心に、疑問が納得に変わるカウンセリングに力を入れています。

何でも相談しやすい環境づくりに努めています

何でも相談しやすい環境づくり当院では何でも遠慮なく話していただけるように、プライバシーを守れる環境作りに努め、またわかりやすい言葉での専門的な情報や知識をご説明することを心がけています。もちろん、治療のメリット/デメリットを十分にお伝えし、必ず納得していただいた上で治療を開始します。治療中も、その時々の治療状態や矯正の進行を逐次ご説明し、細かい不安や疑問にもお答えするようにしています。

特に、長いお付き合いとなるお子さまの治療では、ご本人にも保護者の方にもしっかりと治療について理解していただき、納得して治療を受けていただくことが重要であると考え、十分な時間をかけてカウンセリングを行っています。

多様な矯正治療を確実に行うための精密な検査

精密な検査矯正治療は、最初の精密検査と診断がとても重要です。矯正歯科医が精度の高いデータに基づき、適切な治療方針を立てることが、目指す歯並びの実現につながります。当院では、骨や歯だけではなく、矯正診断に欠かせない歯科用セファロを導入しており、精確な検査を行っています。

カリエスリスク検査、歯周検査を行い、スムーズに治療が行えるよう治療中のリスクを判定します。精密検査と矯正認定医の診断力により最適な治療を効率的に行い、また難症例の矯正治療への対応もできることが当院の特徴です。

何でも遠慮なく、お気軽にご相談ください

矯正歯科認定医が皆さまのお悩みにお応えします。【無料矯正相談実施中】

無料矯正相談

当院では、より多くの方に矯正治療を受けていただき、きれいな歯並びを手に入れていただきたいという思いから、どなたにも気軽に利用していただける無料相談を実施しています。

「子どもの歯並びが気になる」「目立たない矯正をしたい」「費用や治療期間が知りたい」など、何でもご相談ください。

こんなお悩みがありませんか

メインテナンスはかかりつけ歯科で、矯正治療だけを受けたい
かかりつけ歯科の先生と連携を取りながら、矯正を進めます。

一般歯科で矯正を受けたが、うまくできなかった
当院では、信頼と実績のある矯正認定医が矯正治療を行います。安心してご相談ください。

矯正治療の途中で転居した
前任の先生と連携を取りながら、最後まで責任をもって対応させていただきます。

セカンドオピニオンを受けたい
時間も費用もかかる矯正治療ですから、複数の専門家の意見をお聞きになりたいのは当然です。当院では専門的な立場から真摯に診断し、セカンドオピニオンに対応いたします。ぜひご相談いただき、納得のうえで治療を選択してください。

矯正治療が必要かどうか知りたい
矯正歯科認定医が精確に診断を行いますので、安心してご相談ください。

相談だけしたい
決して矯正治療を押しつけることはありません。お子さまの場合は、矯正治療に適したタイミングをご案内しますので、気になることがあれば早めにご相談ください。

歯並びは似るもの

兄弟姉妹、親子、ご家族でご来院ください。
お得なご家族コースも設定しています。

料金表はこちら

目指すのは、人を幸せにする歯科医院

美しい笑顔のために、矯正治療を中心に総合的な歯科治療をご提供します。

人を幸せにする歯科医院

口元は顔の中で最も目立つところです。歯並びに悩まれている方は口元が気になり、人前で笑ったり話したりすることがおっくうになることも少なくありません。お子さまの場合は特に口元がコンプレックスとなり、性格にも影響することもあります。

そして、矯正治療は見た目だけをきれいにするものではありません。悪い咬み合わせを確実に治すことによってしっかり噛めるようになり、顎関節やお口のまわりの筋肉の機能も高まり、全身の健康にも役立ちます。私たちはより多くの方がきれいな歯並びを手に入れ、より充実した素晴らしい人生を送れるよう、お手伝いさせていただきたいと願っています。

矯正歯科学会認定医による専門性の高い治療

専門性の高い治療当院だからこそ実現する夢があります。その方の人生や生活に大きく関わる矯正治療だからこそ、一般治療にも増して効果が確実で、信頼性の高いものであるべきです。

当院では、専門的な医療設備のもとで矯正歯科学会認定医が最善の治療をご提供します。また、歯並びを治したいと思われている方に一人でも多く矯正治療を受診していただきたいと考え、良心的な治療費用体系の実現にも取り組んでいます。

望まれる理想の歯並びを目指し、できる限りご希望に近い状態で治療を終了し、きれいな歯並びというゴールにたどりついていただけるよう、医院全員でサポートいたします。

美しさと健康を追求する"かかりつけ矯正歯科"

初めての方へ矯正治療は歯並びを治すだけでなく、それぞれの歯にかかる力や負担のバランスも整え、また歯磨きやお手入れをしやすくすることにより、歯を守ることにもつながる治療です。

当院の母体である「医療法人社団けんこう会」は、2001年姫路市内に「つだ歯科」を開院して以来、一貫して「予防に勝る治療なし」を理念に掲げ、徹底したむし歯予防・歯周病予防を行ってきました。その中で歯並びの良し悪しがむし歯予防・歯周病予防に大きく関わっていることを痛感し、矯正治療により予防しやすい歯並びになっていただきたいと考え、2013年姫路市内に矯正歯科を主体とする医院「デンタルクリニックカルミア」を開院しました。

そして、大阪の地でも歯を守るための矯正治療を広めたいと考え、「守口つだ矯正歯科・歯科」を開院することになりました。歯並びについて、そして歯科全般についても気軽にご相談いただける「かかりつけ矯正歯科」として、皆さまのお役に立ちたいと考えています。

小児矯正、小児歯科を重視

小児矯正、小児歯科を重視トータルな視点からお子さまの健やかな成長を見守ります。
「医療法人社団けんこう会」では、予防という観点から、お子さまの健やかな成長に役立つ取り組みにも力を入れてきました。特にお子さまの場合、歯並びの問題は食育や悪習癖などとも関連性が高く、成長や発達にも大きな影響を与えます。

当院では、成長に合わせた適切な小児歯科、小児矯正に加え、食育指導や咀嚼・嚥下機能のトレーニングなども取り入れ、総合的な視点からお子さまの将来と、健やかな成長を見守ります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております