当院の小児矯正の流れ

【小学生 6歳〜】歯並びをチェックし、本格的な矯正治療(Ⅰ期治療)を始めます小児矯正の流れ
乳歯の歯並びや咬み合わせを診察し、歯の成長発育に問題が起こりそうな場合や、後から生えてくる永久歯に悪影響を及ぼしそうな場合、治療しておけば永久歯の矯正治療の必要が無くなる可能性が高い場合などは、「ムーシールド」を使う簡単な矯正治療やあごを広げる「床矯正」など、予防的な矯正治療をお勧めしています。また原因に対するアプローチがしやすい時期なので、唇や舌の筋肉のトレーニングや口呼吸など悪習癖を治すトレーニングも行います。

その後、乳歯から永久歯への生え替わりやあごの成長の様子を観察しながら、部分矯正や成長促進あるいは抑制を行います。この時期にあごを大きくする治療や、奥歯を後ろに動かす治療を行うことにより永久歯の歯並びが改善されるので、Ⅱ期治療の負担が減ります。歯の生え替わりの時期などは個人差が大きいため、治療開始時期は症状によっても異なります。

【中・高校生12歳〜】永久歯のⅡ期治療と、後戻りを防ぐ保定を行います小児矯正の流れ
全ての歯がほぼ永久歯に生え替わったら、生えそろった永久歯をきれいに整えるⅡ期治療を行います。使用する装置は、基本的に成人と同じもの(ワイヤー矯正・マウスピース矯正)を使用します。通常約2年間治療を行い、その後きれいな状態をキープするために保定を行います。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております